レーシック ランキング

2008年12月アーカイブ

岩村明憲選手もレーシックを受けました

スポーツ選手でレーシックを受けている人はたくさんいます。
メジャーリーガーの 松坂大輔 、ゴルファーの タイガーウッズ 、横峯さくら など、まだまだ他にもたくさんいます。
そして、メジャーリーガーの 岩村明憲 選手も 銀座スポーツクリニック でレーシックを受けた一人です。

2005年 2年連続となる「3割・30本・100打点」を記録。ゴールデングラブ賞受賞と、大活躍していますよね^^

岩村選手はレーシックを受ける前は視力0.05でしたが、レーシックを受けた後は1.2まで回復したんです!

松坂大輔選手もレーシックを受けました。

メジャーリーガーの 松坂 大輔 選手は、旧・ 東京八重洲クリニックレーシック (現在は 銀座スポーツクリニックに引き継がれています)でレーシックを受けたそうです!
高校1年の時から視力が悪くなり始め、コンタクトをつけるようになったそうですが、
めんどくさくなったのでレーシックを受けることにしたんだそうです。

受けた当時の視力は0.05だったのですが、治療後は1.5まで回復しています!
治療の翌日にはコンタクトレンズをかけているようにまわりのモノがクリアに見えたので、嬉しかったそうです^^

現在 松坂選手 の活躍が見れるのは、レーシックのおかげかもしれませんね^^

コンタクトは角膜を薄くする

最近はコンタクトを使う人が多くなりました。
コンタクトはメガネをかけるわずらわしさから解放されたり、
見た目を気にする女性ならメガネをかけるよりもコンタクトをするという方も多いと思います。

コンタクトを長くつけると目が呼吸しにくくなるので内皮細胞が死んでしまい、あまり健康的でないのはよく知られています。
しかしながらほとんどの人は長時間使用し、酷使してしまうんですよね。

しかし、コンタクトレンズを酷使すると、角膜が薄くなるというのはご存知でしょうか?

iLASIK のメリット・デメリット

iLASIK は、日本で主流のイントラレーシックと、アメリカで主流のカスタムビューレーシックを組み合わせた、最先端の治療法です。

iLASIK を導入することで、イントラレーシックとカスタムレーシックの長所を引き継ぎ、従来のレーシックよりも視力の質が格段に向上していますが、デメリットも引き継いでいます。

今回は、ILASIKのメリット・デメリットを紹介します。

カスタムビューレーシック のメリット・デメリット

カスタムビューレーシック は、一人一人に合った個別レーザー照射プログラムを作るので、より精密に治療することができ、従来のレーシックと比べて視力の質が向上、夜間視力も低下や光のにじみが少ないという大きなメリットがあります。

日本ではまだ新しい技術のようにみえますが、実はアメリカでは7割以上がカスタムビューレーシックを行っています。
それだけ進んだ技術でもあるんですね^^

そして、通常はレーシックを受けた後も目に悪い生活習慣が続けば、
視力の再低下も考えられるのですが、カスタムビューレーシックはその
最低化率も低く、再手術の割合も低くなっているようです。

しかしながら、よいところばかりとも限りません。デメリットも存在します。
その長所と短所を比べてみましょう。

カスタムビューレーシックとは?

カスタムビューは、エキシマレーザーの精度を高めるために生まれた技術です。

角膜というのは指紋と同じで一人一人違うので、それぞれにあった治療を行わなければならないのですが、エキシマレーザーだけでは限界があるんです。
しかし、それを一人一人に合わせて照射レーザーをカスタマイズする技術が生まれました。
それがカスタムビューです。

カスタムビューでは、 ウェーブスキャン という機器を使用します。

イントラレーシックの長所と短所

イントラレーシック は、レーシックで行うフラップ作成方法を進化させた治療法です。
そのために、今までのレーシックでは限界であった点を格段に向上しています。
例えば、角膜が薄い方や強度の近視、乱視、角膜のカーブが極端な方は不適応でしたが、イントラレーシックでは適応できる範囲が広がっています。
そして、フラップのずれが起こりにくくなったので、クリアな視界が確保できるようになりました。

このようにイントラレーシックは、レーシックの技術を大きく進化させたので、
従来のレーシックを行っているところは減少傾向にあり、
イントラレーシックが主流になりつつあります。

しかし、そんなイントラレーシックにも短所はあります。
では、長所と短所を比べてみましょう。

レーシックとイントラレーシックの違いは?(その2)

レーシックとイントラレーシックの違いは何でしょう?
前回はレーシックについて説明しました。

レーシックは、マイクロケラトームで角膜をうすくスライスして(フラップ作成)、
エキシマレーザーで形状を調節するというものでした。

今回はイントラレーシックについて説明します。

レーシックとイントラレーシックの違いは?

レーシックを受けようと思って調べてみたところ、レーシックっていろいろあるみたいだぞ?と思いませんでしたか?^^
そうなんです。レーシックと言っても、それは視力回復治療の一つでしかないんですね。

レーシックはタイガーウッズが受けたことで一躍有名になりました。
しかし、現在はそれをさらに進化させたものが主流になっています。

それが、イントラレーシックなんです。

では、まずはレーシックの特徴から説明しましょう。

オセロの松嶋さんも 錦糸眼科 でレーシックを受けました

錦糸眼科 は、イントラレーシックを初めてアジア圏で導入した、イントラレーシックのパイオニアと言われています。
東京、札幌、名古屋、大阪、福岡に拠点を置いており、
全ての医院にイントラレースの最上位、I ntraLase iFSレーザーを導入しています。

芸能人では、 オセロ の 松島尚美 さんも 錦糸眼科でレーシック治療を受けています。
現在の視力は、右眼視力1.5、左眼視力1.2になったそうです。

イントラレーシックのパイオニア 錦糸眼科

錦糸眼科 は、2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを開始した、言わばイントラレーシックのパイオニア的存在の眼科です。

米国学会でゴールドアワード受賞
イントラレーシックパイオニア賞受賞
ワールドトップドクター賞受賞
国白内障手術学会の角膜屈折部門で最優秀論文賞受賞

など、数々の賞を受賞している優秀なクリニックです。

現在日本で行われている視力回復治療

視力回復治療の方法はレーシックだけではありません。
レーシックが日本でブレイクしたのは タイガーウッズ が受けたことにあるようですが、視力回復治療というのはたくさんあるんです。

そして、レーシックという方法が一番上位にあるわけでもありません。
さらに高度な技術を使ったイントラレーシックや、
個人の目の状態に特化した治療法などもあります。

代表的な治療法を以下に列挙します。

品川近視クリニック は、芸能人の施術実績が多数!

品川近視クリニック は、月だけで2万症例以上も施術を行っているクリニックですが、芸能人の施術実績も多数あります。

参考:こんな方も実はレーシックを受けています

こちらを見てもらえばわかると思いますが、
タレントや俳優、プロのスポーツ選手などの実績がかなりあります。

品川近視クリニック の実績

札幌、東京、大阪、名古屋、福岡にある 品川近視クリニック 。
世界でもトップクラスの100万症例の実績のあるクリニックで、レーシックに関する数々の賞をもらっている眼科です。
そして、以下のような機器メーカーやレーシック団体から認定証をもらい、公認ドクターとして認められています。


  • AMOイントラレース認定

  • ウェーブライト指導医認定

  • Zレーシック指導医認定

  • AcuFoucus社認定

  • ケラリング認定

  • Zレーシック臨床アドバイザー認定

  • Refractex社CK認定

  • OPHTEC認定

  • トーリックICL指導医認定

  • そのような賞や認定を多数もらえる 品川近視クリニック は、もちろん設備も最新のものを揃えております。
    ドクターも、個人で症例数1~5万件以上を超えるドクターが多数在籍しており、技術、設備ともに揃ったクリニックですね。

    レーシックの誤差を補正する技術

    レーシックの技術の一つ、 iLASIK(アイレーシック)には、
    安全性と視力の品質を考慮した技術が追加されています。

    実は角膜は、指紋と似たようなもので一人一人形状が微妙に違います。
    そして、今までのレーシックではわずかながら誤差がありました。

    なので、同じ症状の人が同じ手術を受けても、
    その誤差があることで、見え方に質の違いがあったんです。

    他人はどれくらい見えるのか、なんて普通わかりませんから、
    そこにはなかなか気が付きませんよね^^;

    レーシック症例数トップクラスの大手眼科、品川近視クリニック

    品川近視クリニック は、世界でもトップクラスの実績を誇る大手レーシッククリニックです。
    品川近視クリニック の注目すべきところは、 イントラレーシック において様々な賞を受賞しているというところです。

    国内初の最新型の「イントラレースレーザー(誤差調整マイクロシステム付設)」の導入にはじまり、100万件症例を突破するという実績があります。

    開院以来、最新機器を次々導入し、術式をどんどん進化させています。
    最新の術式を検討するなら、まずチェックしておきたい眼科です。

    プロゴルファーの 横峯さくらさん や、タレントの 坂下 千里子 さん、俳優の 加藤 和樹 さんなどもこの 品川近視クリニック でスーパーイントラレーシックを受けています。
    他にも紹介しきれないほど沢山の芸能人やスポーツ選手が受けていますので、体験談を見てみるとよいでしょう。

    品川近視クリニックの体験談はこちら 品川近視クリニック

    レーシック を受ける前の検査 (その2)

    レーシックの術前検査の続きを紹介します。

    眼圧検査
    眼に空気を当て、眼圧を測定します。
    眼圧というのは、眼球を支えるための圧力で、内側からいつも適度に眼圧がかかっています。
    眼圧の正常値は10~20mmHgです。
    眼圧が異常に高い場合は、緑内障の可能性が考えられるのですが、緑内障の場合、手術を受けることはできません。

    屈折率検査
    視力検査だけでは正確な近視の度合いはわかりません。
    天候やその日の体調の状態によっても変わるのです。
    そのために、さらに詳細な検査として、屈折率検査を行います。
    機械により、目に光をあて屈折異常を調べ、角膜の湾曲度や、屈折力や、近視、乱視の度数を測定します。

    レーシックを受ける前の検査

    レーシック ( lasik )手術を受ける際、その適性を検査しなければなりません。
    前回の記事でも書きましたが、目の状態や、その他置かれている環境要因によっては受けられない場合があるんです。

    もし、本当は受けられない状態にあるのに、手術を受けてしまったら、
    とんでもない事故につながりかねません。
    実際に レーシック での事故も起こっているんですね。

    なので、 レーシック は事前の検査が失敗の要因を防ぐためにとても重要な位置づけになっています。
    その検査は多くのクリニックで行っています。

    今回はその検査項目を紹介します。

    レーシック は誰でも受けられるか?

    レーシックは多くの方が受け、視力回復に成功している手術なのですが、
    残念ながら受けられない方もいらっしゃいます。

    レーシックで使用するレーザーとは?

    レーシック ( lasik )は、レーザーを使用して視力回復のための手術をする方法です。
    レーザーを角膜に当ててレンズを調節するわけです。

    目にレーザーを当てると思うと、一瞬怖いなあと思いますよね^^
    目を傷つけたりしないかどうか?と不安になってしまいます。
    レーシックの失敗談などをネットで一生懸命探していませんか?

    でも安心して下さい。眼には傷つけないようなレーザーが開発されているんです。
    そのレーザーを「 エキシマレーザー 」と言います。

    レーシックとは?

    レーシック ( LASIK )というのは、近視や乱視をレーザーを用いて矯正する方法です。

    1990年前半に確立された、比較的新しい療法なのですが、
    年々手術を受ける方が増えており、メガネやコンタクトレンズに変わる
    新しい視力矯正方法として大人気になっています。

    世界的にみても、日本人は目の悪い人が多いのですが、
    このような技術が進歩してくるのはとてもうれしい事ですよね^^

    レーシック の効果は?というと、手術を受けることで、0.1以下だった視力が、
    手術をした次の日には1.2にまで視力を取り戻すということは珍しくなく、
    それ以上の視力を得る方もたくさんいます。

    つまり、メガネやコンタクトをしている時と同じくらいの視力に戻るわけです。

    このページの先頭へ