レーシック ランキング

2009年2月アーカイブ

品川近視クリニック 体験談

時々レーシックで手術を受けた後に感染症になってしまう、というのが話題になることがあります。
それを聞くと、レーシックを受けることが不安になりますよね。

しかし、実際はレーシック施術というのは、
外科や内科の手術と比べてはるかに成功確率の高い手術なんです。

そのような手術は病気になってから受けますが、レーシックは病気とは関係なく、健康でも目が悪くなれば受けます。
日本は近眼大国ですし、受ける人も必然的に多くなります。

それで手術の精度が上がっていて、高い成功確率があるわけです。

とは言っても、「手術」である以上、100%はありませんので、リスクがないわけではありません。
なので、受ける際は自己責任のもと、受けるかどうかを判断しなければいけません。

受けるなら、値段だけで考えるのではなく、最新機器を使っていて、経験豊富な眼科医がいる眼科を選べば、ほぼ問題ないと思います。

なので、一つでも参考にしてもらおうと思い、今回は当サイトのスタッフの体験談を紹介します。
当サイトで紹介している優秀な眼科の一つ、品川近視クリニック です。
口コミ を探している方の参考になれば幸いです。

銀座眼科 は、日本眼科学会の認定を受けていなかった

レーシック による 感染症 で問題になっている 銀座眼科 ですが、
やはり衛生管理の不徹底が問題だったようです。

なんと考えられないことに、
開業以来3年間、手術器具の衛生確認を一切やっていない
ということだそうです!

器具は通常、消毒して管理を行うことは素人でもわかるようなものですが、
銀座眼科は、滅菌に必要な温度に達していなかったり、施術中の手袋の着用も徹底していなかったそうです!

これはありえないことですね。

そして今回さらに問題になっているのは、銀座眼科が日本眼科学会
認定を受けていなかったということです。

銀座眼科 レーシック手術で67人が感染症

レーシックを受ける時に気をつけなければならないことの一つは、
術後の感染症です。

レーシックというのは、角膜の表面を薄く切り(フラップ作成)、
レーザーで角膜を調整する技術なのですが、衛生管理が徹底していないと、
フラップを作成する際に空気中にいる細菌や微生物によって感染症にかかる恐れがあります。

感染症のリスクは実は、眼科選びの段階で決まっていると言ってもよいでしょう。

今月25日に東京都中央区保健所が、銀座眼科でレーシックを受けた患者639人のうち67人が、感染性角膜炎などの健康被害を訴えたと発表ました。
うち、一人が入院しているそうです。
(当サイトでもよく紹介している「銀座スポーツクリニック」とは別の眼科です)

保健所の見解では、銀座眼科の衛生管理が不徹底だったことが原因としており、立ち入り検査中なんだそうです。
銀座眼科では、以前から健康被害が多いという訴えが多かったようですね^^;

参考記事:近視矯正手術で67人が感染症

この記事を見て、やっぱりレーシックは危険なんだ!と決めつけるのはまだ早いです。
現在のレーシックは、適切な設備と技術があれば、
感染症が出ることはありえないくらいに進歩しているんです。
それくらい設備の管理が横着だったということなんですね。

大切なのは、眼科を選ぶ際に衛生管理を徹底しているクリニックを調べればよいのです。

感染症にかかる責任は眼科にあると言えますが、
眼科を選ぶ責任は自分にありますからね^^

レーシックの後遺症 ハロ・グレア現象

レーシックのリスク、ハロ・グレアという現象をご存知でしょうか?
これは、レーシックを受ける前に、手術のリスクとして必ず説明される後遺症の一つです。

夜間の光に対して感じる現象のことですが、正確には「ハロ」と「グレア」という別々の現象です。

具体的にどのような現象か?というと、
「ハロ」は、光がかすんで見え、光源の周りがモヤがかかったように見えます。
「グレア」は、光が普通より眩しく見えます。

そしてさらに、全体が二重に見える「ゴースト現象」という症状もあります。

下の写真が左から順に、通常、ゴースト、ハロ、グレアの見え方です。


画像:神戸神奈川アイクリニックより

ハロ・グレアのような現象は、眼球にレーザーを当てて矯正した部分と、そうでない部分の境目で光が乱反射するために起こります。

福岡 で iLASIK (アイレーシック)を受けられる所は?

iLASIK は従来の レーシック 技術をさらに進化させた イントラレーシック に加え、
カスタムビューレーシック という技術を加えた技術です。

カスタムビューレーシック は、各人で違う目の個性を分析し、
それに合わせてレーザー照射プログラムを作るという技術で、
それによって見え方の質を高めるという方法です。

iLASIK は、その二つを組み合わせた新しい技術なので、
本当に目のことを考えるなら、できれば通常のレーシックよりも
こちらを選択したいところですね^^

しかし残念ながら、iLASIKを提供している眼科はほとんど東京です。
まだまだ地方では整えられていないんですね^^;

しかし、福岡にも iLASIK と同等の手術を受けられるクリニックはあります。

クリーンルーム の重要性

レーシック を行う場合、CR (クリーンルーム)を謳っているクリニックがいくつかあります。
まず、 神奈川クリニック眼科CRレーシック では、 CR-LASIK という名前をつけており、
品川近視クリニック品川近視クリニック もクリーンルームでのレーシックを行っております。

クリーンルーム でレーシックを行うということは、
レーシックの精度を上げるという意味で、非常に大切なことなんです。

その理由は2つあります。

品川近視クリニック でもキャンペーン割引

品川近視クリニック では様々なキャンペーン割引で LASIK が受けられます。

曜日割引や期間限定のネットクーポン割引、金利0%のローンなどがあります。
そして特にオススメしたいのは、東京、名古屋、大阪などから遠くに住んでいる方です。

レーシック で 花粉症対策

花粉症シーズン真っ最中ですね。
コンタクトレンズユーザーには非常につらい時期だと思います。
今年は去年の10倍とも言われ、このようなサプリメントがバカ売れしているんだそうです。

アレルエイド・サプリ青みかんの奇跡青みかんの奇跡

実は、ソフトコンタクトレンズ使用者の9割以上が花粉の時期に目のかゆみを訴えているんです!
充血に悩まされている人も5割以上もいるんだとか。

なぜそのようになるのかはご存知でしょうか?

品川近視クリニック の 老眼治療手術

品川近視クリニック では、老眼治療手術も行っております。
しかも、レーシックのようにレーザーを使用しない治療法なので、
将来レーシックを受けたり、白内障、緑内障などの手術を受ける際にも問題がないそうです。

どのような治療法か?というと、
ラジオ波を当てて角膜のコラーゲン組織を収縮させるという方法で矯正するものです。

この方法は最新の老眼治療法ですが、世界で10万症例以上あるので、
信頼性も高くなってきています。

そして 品川近視クリニック の施術でもう一つ注目したいのは、
「 遠近両用白内障手術 」です。
なんと、白内障と老眼を同時に治療できるんですね!

従来、白内障治療と老眼治療を同時に行うことはできませんでしたが、
品川近視クリニック の 遠近両用白内障手術 は、それを可能にした画期的な方法なんです。

遠くも近くも見えるようになりますよ!

このページの先頭へ