レーシック ランキング

2010年3月アーカイブ

神戸神奈川アイクリニックは、アイレーシック国内症例数No1

神戸神奈川アイクリニック は、北海道、東京、愛知、兵庫、大阪、福岡にある、レーシック専門のクリニックです。
大手レーシック眼科の神戸クリニックと神奈川アイクリニックが合併して、国内最大級のレーシック眼科になりました。

神戸クリニックの公式サイトはこちら⇒神戸神奈川アイクリニック

術式も豊富に用意されており、検査を受ければ適切な手術を提案してくれるわけですが、何と言ってもアイレーシックの実績。

2012年1月末日現在でアイレーシックの症例数は6万3,355を超え、国内No1の症例数となっています。
(他の実績も合わせると2012年1月末日現在で、41万3,303症例の実績があるようです。)

レーシックに限らず、手術と名のつくものは、
どんなに良い病院、良い手術法でも100%というのはあり得ないのですが、
信頼度で参考になるものとして大きなものは、症例数です。
実績があればあるほど、安全な確率は高いということですね^^

1万件がどれくらいすごいのか?というと、これは大変な数字です^^;

花粉症のリスクを低減させる 知っておきたいコンタクトレンズの選び方

花粉症の季節がやってきました。
花粉が多く飛ぶ前に、花粉症対策グッズを用意する頃ですね。
早い方はもう目がかゆくなったり、鼻がムズムズしているのではないでしょうか?

花粉症は、今まで発症していない人でも
今年から急に発生することがあると言われています。
それはよく、バケツに例えられていますね。

バケツの容量以上に水を入れようとすると溢れてしまいますが、
人はそれぞれ花粉に対する容量を持っています。
つまり、花粉を体内に蓄積してしまうと、花粉症になってしまうわけです。

なので、今花粉症でないという方も気をつけなければいけません

その容量は人それぞれ違いますし、おかれている環境によっても花粉の吸収の仕方が違ってきますが、どういう環境にいたとしても、
できるだけ花粉を体内に取り込まないようにすることが大切です。

そして実は、目から入ってくる花粉に関して言うと、
コンタクトレンズが大いに関係しています。

実は、ソフトコンタクトレンズ使用者の9割以上が花粉の時期に目のかゆみを訴えているということをご存知でしょうか?

このページの先頭へ