レーシック ランキング

レーシックの適応検査や手術の前にやっておくべきこと

レーシックを受けようと決めたら、自分でもやっておくべきことがあります。
それは、より正確な手術を行うためでもあり、術後に問題が発生しないためでもあります。

眼科側からそのようにするよう指示されたもの、そして自分でこれはやっておいた方がよいなあと思ったもの、気を付けておいた方がよいと思ったものをいくつか挙げておきますので、確認してみて下さい。

美容室はあらかじめ行っておく

レーシックの手術後は眼を触るどころか、水が入るのもダメです。

美容室では洗髪する際に水を使ったり、眼を抑えたりされることが頻繁にあるので、レーシックを受ける前に行っておいた方がいいですね^^

コンタクトの使用を控える

初回検診の前はコンタクトレンズの使用を控えるように医師から説明されると思います。

期間は眼科によりますが、ハードコンタクトレンズは1~3週間前、ソフトコンタクトレンズは3日前~1週間前に中止して、メガネに変える必要があります。

その理由は、コンタクトレンズを使用することで、角膜の形状がレンズに合わせて変化するからなんです。

その形で検査をした結果に基づいて手術をすると、角膜が自然な状態に戻った時に予定通りな視力が出ません。
なのでこれは非常に重要なことです。

気をつけたいのは、手術前ではなく、初回検診前ですので間違いのないようにしましょう。

術前検査と手術日は1週間あけてスケジュールをとる

よりよい視力を得るためには、術前検査と手術当日は1週間以上はあけた方が良いということです。

それが難しい方は、検査の翌日に手術ということも可能ですが、(感染症予防のためにも最短で1日の抗菌点眼は必要です。)
よりよい視力を得るためには、できるだけそのようなスケジュールを組んだ方がよいですね。

マスカラ、アイシャドーに注意

女性はマスカラやアイシャドーを使うと思うのですが、手術当日は落としてから行くようにして下さい。

手術後は水分がつくのもだめですからね。

わずかな異物混入も防がなければならないため、洗顔、洗髪は翌々日の夜から、アイメイクは1週間後からとなります。

喫煙、飲酒

喫煙、飲酒をする場合は、手術から3日はあけることを覚えておきましょう。
喫煙は煙が眼にしみるため、飲酒は回復力が低下するためです。


以上、いかがでしょうか?
細かい事を言えば、まだまだ注意することがあるかもしれません。

共通するポイントは、少しでも目を触ったり、何かが入ったりしないように気をつけることです。

日常で自然にやっていることがしばらくはNGになることが多いので、自分に当てはまりそうなことはよく考えておきましょう。

レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ