レーシック ランキング

iLASIK のメリット・デメリット

iLASIK は、日本で主流のイントラレーシックと、アメリカで主流のカスタムビューレーシックを組み合わせた、最先端の治療法です。

iLASIK を導入することで、イントラレーシックとカスタムレーシックの長所を引き継ぎ、従来のレーシックよりも視力の質が格段に向上していますが、デメリットも引き継いでいます。

今回は、ILASIKのメリット・デメリットを紹介します。


【長所】

  • これまでのレーシック手術では困難だった角膜のわずかな歪みまで矯正が可能
  • メガネやコンタクトレンズでは実現できない、クリアな視界を得られる
  • 夜間視力の向上
  • 治療後のシワやズレがほとんどなく、合併症の発生率も低くなる

【短所】

  • 手術にある程度時間がかかる
  • 角膜の厚みがある程度必要
  • フラップの癒着が起こりやすい
  • カスタムビューのレーザー照射設定が難しい

と言ったことが挙げられます。
短所に挙げられているのは、ほとんど術者の技量に依存するものばかりなので、受ける側としては信頼のできるクリニックを探すことが大事ですね。

個人的には、 SBC新宿近視クリニックのiDesignレーシック(アイデザインレーシック)が良いかと思います。

アイデザインレーシックはiLASIKで使う機器を進化させたものです。
以前ほど角膜の厚さがそこまで必要ではなくなりましたし、安定しています。

クリニック名は”新宿”と書かれていますが、新宿だけでなく、大阪にも医院があります。

SBC新宿近視クリニック
レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ