レーシック ランキング

レーシックとイントラレーシックの違いは?(その2)

レーシックとイントラレーシックの違いは何でしょう?
前回はレーシックについて説明しました。

レーシックとイントラレーシックの違いは?

レーシックは、マイクロケラトームで角膜をうすくスライスして(フラップ作成)、エキシマレーザーで形状を調節するというものでした。

今回はイントラレーシックについて説明します。


イントラレーシックはフラップの作成の仕方が格段に向上しました。

フラップというのは、 角膜の表面を薄く切ったもので、レーシックではマイクロケラトームを使って作っていましたね?

イントラレーシックでは、イントラレーザーというレーザー機器で作成します。
これを使うメリットとしては、マイクロケラトームよりも薄くフラップを作る、つまり、角膜を薄くスライスできるんですね。

そして、マイクロケラトームよりも正確なんです。

それができるようになると、従来のレーシックでは対応できなかった重い近視の方もできるようになったんです。

また、角膜が薄くでレーシック不適応だった方も、必ず受けられるわけではないですが、受けられる可能性が広がりました。

レーシックより夜間の視力が優れており、術後のドライアイの出現率も減少しています。

実際の見え方の面においてもイントラレーシックによって向上しているんですね^^

レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ