レーシック ランキング

イントラレーシックの長所と短所

イントラレーシック は、レーシックで行うフラップ作成方法を進化させた治療法です。
今までのレーシックでは限界であった点が格段に向上されています。

例えば、角膜が薄い方や強度の近視、乱視、角膜のカーブが極端な方は不適応でしたが、イントラレーシックでは適応できる範囲が広がっています。
そして、フラップのずれが起こりにくくなったので、クリアな視界が確保できるようになりました。

このようにイントラレーシックは、レーシックの技術を大きく進化させたので、従来のレーシックを行っているところは減少傾向にあり、イントラレーシックが主流になりつつあります。

しかし、そんなイントラレーシックにも短所はあります。
では、長所と短所を比べてみましょう。

【長所】

  • フラップの作成がコンピューター制御になり、精密にキレイにできる
  • レーシックに比べて夜間視力が向上している
  • フラップにしわやずれが起こりにくい
  • フラップを薄くすることで、角膜が薄い方や重度の近視、乱視の方への対応が幅広くなった
  • レーシックに比べて視界がクリア

【短所】

  • やや手術時間が長い
  • フラップの接着が安定するまでに時間がかかる
  • フラップの癒着により、術後、フタの下に炎症が発生する可能性がある

このように、まだ短所もありますが、レーシックと比べると長所の方が多くなっています。

短所で挙げている炎症の発生も、レーシックよりははるかに低い確率にはなっていますが、手術である以上、発生しないとは言えないのが現状です。

そのために各眼科では、癒着の発生を未然に防ぐために、術中、術後の小まめな洗浄・点眼を繰り返したり、クリーンルームで手術を行うようにしています。
まれにそういうことを怠っている眼科があって、その眼科の怠慢のために、「レーシック」という術式自体が危険と判断され、大問題になったことがありました。

クリニックを選ぶ際は、その辺も考慮しているかどうかも一つの目安になりそうですね。

レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ