レーシック ランキング

子供がレーシックを受けることはできますか?

最近は視力が悪い子供が増えて来ています。

自分のお子さんが眼科でメガネを勧められたと、ショックを受ける方もいらっしゃいます。

目というのは、本来は太陽光の下で見ることを前提に備わっているのですが、近頃の子供は屋内でゲームや携帯などで、1点を集中して見ることに慣れています。

この、集中して見るという気質が近視になりやすいんですね。
特に人工的な光を見ているわけですから、目にかなりのストレスを与えているんです。

なので視力が低下した子供が増えており、中には「子供にレーシックを受けさせられないか?」という親御さんもいらっしゃいます。

しかしレーシックというのは、角膜を削ることで視力を向上させる手術です。

成長が著しく、視力が安定していない18歳以下の方がレーシックを行うのは難しいんですね。
受けて一時的に視力が向上したとしても、また悪くなる可能性が高いんです。

しかし、レーシック以外で、裸眼で見えるようになる方法があります。


それが、オルソケラトロジーです。

オルソケラトロジーというのは、手術をせずに裸眼視力を向上させる唯一の方法として脚光を浴びています。
これは、特殊なコンタクトレンズを使った近視改善法で、コンタクトレンズとは使い方が全く逆なんです。

なんと、夜寝ている間に装着して、起床したらはずすんですね^^
どういうことでしょう?

これは、装着中に角膜の形状を変化させているんです。
それによって、日中起きている間の近視状態を一時的に矯正するんです。

つまり、日中は裸眼で過ごせるんですね^^
これは子供でもできるので、視力の悪いお子さんをお持ちの方には喜ばれているんです。
角膜をクセづけするだけなので、危険性も非常に少ないですからね。

しかし、デメリットとしては、やめれば元に戻るということです。
つまり、毎日寝る時はコンタクトをつけなければなりません。

知識と経験のある眼科で処方してもらうのがよいでしょう。

SBC新宿近視クリニック
レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ