レーシック ランキング

円錐角膜の治療法( 角膜内リング )

円錐角膜とは、中央部の角膜が薄くなり、前方へ円錐状に突出する病気です。
これが原因で、近視や不正乱視になります。

主に思春期に発症し、多くの場合は30代で進行が止まるようです。
円錐角膜の初期には自覚症状がなく、精密検査で発見されることが多い病気です。

目をこする癖やアトピーとの関係が深いようですが、病気が進行した場合、コンタクトレンズの装着が困難になり、角膜移植手術が必要になってきます。

角膜内リングはそんな進行した円錐角膜に対する最先端の治療法です。


この治療法は、角膜の周辺部に作成したトンネルに弓状のリングを挿入し、角膜を平らにすることで突出している部分を抑えるというものです。

円錐角膜の進行を遅らせることもできます。

リングをつけることで不正乱視が軽減されるため、裸眼での視力がある程度向上します。
そして、ソフトコンタクトレンズやメガネでの視力矯正が可能になります。

以前のやり方では、角膜内にリングを挿入するためのトンネル作成を専用器具を用いて手技で行っていたため、矯正精度も不良で、合併症が少なくありませんでした。

しかし、最新の治療法では、コンピューターでコントロールできるので、より精密で安定性の高い手術が可能になったんです。
角膜内リングは、こんな方にオススメです。

  • 進行性の円錐角膜の方
  • ソフトコンタクトレンズで十分な視力が出ない円錐角膜の方
  • メガネで十分な視力が出ない円錐角膜の方

角膜内リングは、品川近視クリニックで受けることができます。

視力回復レーシック
レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ