レーシック ランキング

レーシックの成功確率は?

レーシックは、レーザーを用いて角膜を調整することで視力を矯正させる技術です。

しかし実際に手術を受けた後に、本当に視力が回復するのか?
そして、どの程度まで視力が上がるのか?ということは知りたいところですよね^^

では、その成功確率とは、どれほどのものでしょうか?


まず、現在日本で主流のレーシック手術は、 イントラレーシック です。
イントラレーシックで手術をして、術後の視力が1.0以上になることを成功とした場合、その確率は99.5%にも上ると発表されています!

これは、通常の病気で手術をする場合と比べてもはるかに高い数値です。

こんなにも高い数値を出せるのは、世界各国におけるたくさんの実績があるからなんですね。

レーシックで使われるエキシマレーザーは、1976年にアメリカで開発されました。
その後どんどん技術が進化し、今やアメリカやヨーロッパでは当たり前のように行われています。

そして日本では2000年1月に厚生労働省に認可されました。
それから約10年、もはやレーシックは実績のある、手法の確立された視力矯正法になっています。

レーシックは最近でてきた新しい手法だと思っている人もたくさんいますが、日本での認可が遅かったというだけなんですね^^;

ただし、成功確率が高いといえども、人の手を介入する手術ですから、絶対に失敗しないとは言えません
医師の技術や眼科の設備に大きく左右されます。

この間もとある眼科で、衛生管理の不徹底により感染症が多く発生しました。
それ以外にも、現在のところ報告はありませんが、設備の故障などで失敗することだって、ないとは言えませんよね?

なので、私達にできることは、信頼できる眼科を探すことなのです。
ぜひ、価格だけにとらわれずに、まずは資料請求や、無料の説明会などもできれば行ってみるとよいと思います。

レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ