レーシック ランキング

エピレーシック の 治療法

エピレーシック は PRK 、 LASEK(レーゼック)と同じく、表面照射による方法に分類されます。
PRKやLASEKとの違いは、フラップの作成方法です。

PRKでは角膜上皮層を除去しますし、LASEKは角膜上皮層にフラップを作成し、アルコール点眼により剥がしやすくします。

一方、エピレーシックでは、エピケラトームというカンナ状の機械を使ってフラップを作成します。

フラップを作成してエキシマレーザーを照射するならレーシックと同じように見えますが、レーシックでは角膜上皮層とボーマン層でフラップを作成し、角膜実質層にエキシマレーザーを照射します。

エピレーシックでは、角膜上皮層でフラップを作成し、PRKやLASEKと同じくボーマン層の上からエキシマレーザーを照射します。


また、レーシックやイントラレーシックで作るフラップの厚さは、機種や手法にもよりますがレーシックでは160~200ミクロン、イントラレーシックでは100ミクロンくらいですが、エピレーシックはその約半分の50ミクロンくらいに抑えることができます。

メリット・デメリットを挙げてみると、

【メリット】

  • 角膜が薄くても手術可能な場合がある
  • PRKのように角膜上皮を除去しないので、PRKより術後の痛みは少ない
  • LASEKのようにアルコール点眼を行わないので、角膜上皮の損傷がない
  • 術後経過がレーシックに近い

【デメリット】

  • 術後に痛みが発生する場合がある(PRKよりは痛みは少ない)
  • 強い近視の人には限界があり、術後にヘイズ(角膜混濁)が発生する可能性がある(PRKよりは少ない)
  • ボーマン膜が削られれる

ということが考えられます。

術後はPRK、LASEK同様、治療用のコンタクトレンズの装着が必要になります。

デメリットに術後の痛みやヘイズの発生を挙げていますが、それには個人差があり、傷みもヘイズも発生しない人も多いようです。

エピレーシックはPRKやLASEKよりも進んだ術式になっていますが、それでもイントラレーシックの方が主流なので、特別な理由がある場合に選択した方がよいでしょう。

レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ