レーシック ランキング

レーシックの術前検査は手術を決める判断材料に

レーシックを受ける前には必ず術前検査(適応検査)を行います。

この検査は非常に大事で、レーシックを受けることで効果が見込めるか、どの手術が適切か、どのように角膜を削る必要があるか等を見極めます。

術前検査のやり方は眼科によってまちまちですが、

  • 視能訓練士などの眼科検査スタッフが十分行っているか?
  • その後、眼科専門医による診察を受け、検査内容と結果について十分な説明があったか?

ということをチェックするのも、手術を決断するためにも重要です。


術前に正確かつ慎重な検査が行われず、円錐角膜などの症状を見逃してしまうと大変なことになります。

なので、術前検査を受けて、そのやり方や、説明された結果の内容に不安に思う場合は、他の眼科でレーシックを受けることを検討するか、相談をしてみた方がよいでしょう。

ちなみに大手レーシック眼科である品川近視クリニック品川近視クリニックは3時間以上もかかる大量の検査を行います。

また、神戸神奈川アイクリニック のように、セカンドオピニオン外来を開設しているところもあります。

セカンドオピニオン外来 というのは、主治医以外の専門知識を持った第三者に、客観的な意見を求めるというものです。

主治医以外の他の医師に意見を求めるというのは、主治医に対して失礼になるのでは?と思う方もいるかもしれません。
しかし、専門知識を持つ第三者に意見を求めるということは患者ご自身にとって有益なことです。

医師によっては見識や技術にも差があることも考えられますからね^^

そしてなにより、医師には患者に対して治療方針の説明と、その同意を得ることが義務付けられています。
なので、医師の治療方針に同意するための手段としても、セカンドオピニオンというのは非常に重要です。

術前検査の結果次第で、目的の手術が受けられるかどうか判断されますし、場合によっては他の手術を勧められることもあります。

その判断や検査のやり方に不安を感じるなら、セカンドオピニオン外来を受けてみるのが一番いいかもしれません。

レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ