レーシック ランキング

レーシック 術後の定期検査も予定を考えておこう

レーシックは、手術自体は1日で、しかも数分で終わる手術なのですが、術前検査と術後の検査には時間をかけます。

そして、術前検査と術後検査の役割は全く違い、術前検査では、視力矯正手術が適応できるか判断し、適応できるならさらに詳細を決めていきます。

術後検査では、術後の経過観察の為に行い、万が一のことがあった場合のためにフォローを行います。

術後検査は、手術翌日、3日後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後など、その間隔は眼科によって違います。


なぜそんなに期間を設けるのか?というと、フラップの固着がそれくらい時間がかかるからです。

術後はフラップの固着と共に少しずつ安定していくのですが、安定の時期は軽度近視で約3ヶ月、中度近視で半年、強度近視では1年はかかります。
PRKやエピレーシック、レーゼックなどはさらに時間がかかります。

術後はハロやグレア、ドライアイなどの症状がでたり、遠視状態が続くこともあり、不安定です。

強度近視の方は、術後遠くも近くもよく見えるようになり、浮かれる方もいますが、後でやや近視が出る場合があります。

そのような時期に眼の負担になるようなことがあったり、眼圧が高くなっていたりすると、眼の状態が変わることがあるので、定期的に問題がないか検査する必要がありますし、必要に応じて点眼薬などの処方も行います。

なので、術後検査は軽視してはいけません。

レーシックを受けることを検討する際は、術後検査もしっかりやってくれる眼科かどうかを確認するのと同時に、眼科で決められた日程に対するご自身のスケジュール確保にも努めましょう。

レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ