レーシック ランキング

若年層に白内障が増加中

白内障について、よくある勘違いが、年配の方がなる病気だということ。
確かに、年齢を重ねるほど割合は高くなり、80歳以上にもなると、ほぼ程度の差はあれ白内障の症状を引き起こしているものです。

アバウトですが、年齢分のパーセンテージと思ってよいでしょう。
例えば、70歳なら70%といった感じです。

しかし、だからといって、若い方が白内障にならないわけではありません。
白内障には、加齢によるもの以外に、外傷性の白内障もあるのです。


どのようなことをして白内障になるのか?というと、

  • 目のこすり過ぎで傷がつく
  • スポーツでの故障
  • 物にぶつかり目を傷つける
  • 糖尿病

といったようなことが挙げられます。

白内障というのは、目の水晶体が濁っている状態のことで、それによって視力が低下するのです。

なのでこの場合、メガネやコンタクトレンズを使っても、角膜を削って視力を矯正するレーシックをしても、視力は矯正できないのです。
目のもっと奥の部分が問題になっているわけですからね。

眼がかすんだり、光がまぶしく感じたり、といったことが日常化してきたら、白内障の恐れがあるので眼科で見てもらった方がよいでしょう。

また、白内障を治療する方法は、現在のところ手術しかありません。
現在の最先端の手術方法は、多焦点レンズを使った遠近両用白内障手術です。

多焦点レンズを使った遠近両用白内障手術が受けられるところ

ただし、現在この遠近両用白内障手術は先進医療として扱われるので、自己負担になります。
先進医療保険に入っている方は、保険会社に相談してみるとよいでしょう。

レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ