レーシック ランキング

老眼にも対応可能なリーディングアイ

品川近視クリニックでは、老眼の方専用のレーシックが受けられます。

品川近視クリニックはこちら⇒品川近視クリニック

通常、レーシックは近視や乱視を矯正する施術ですが、これらは角膜の一部を削ることで調整することができます。

しかし老眼というのは、水晶体が老化することで起こる現象であって、水晶体自体の機能が弱まっているので、角膜を削ったところで視力が矯正できるものではありません。

なので通常は、老眼治療とレーシックは別で行わなければならないんですね。
この状態でレーシックをしても、強制されるのはもちろん、近視や乱視だけ。
老眼鏡は引き続き必要です。


一方、CKやモノビジョンといった老眼治療は日本では2004年に始まりましたが、まだまだ認知されていません。

おそらく、遠くの見え方が下がってしまうという欠点があるからなのかもしれません。

しかし、そのような現状を解決しているのが、品川近視クリニックのリーディングアイ(旧名:レーシックカムラ)です。

リーディングアイでは、通常のレーシックの施術に加え、カムラインレーという、コンタクトレンズの真ん中に穴が開いたようなドーナツ状のものを目に設置します。
これによってピンホール効果という現象が生まれ、近くのものが見えるようになるんですね。

リーディングアイは、老眼が始まる40歳から受けられます。
もし老眼と近視や乱視を併発しているのなら、別々に治療するよりこちらの方が経済的にも時間的にもお得かもしれません。

品川近視クリニック
レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ