レーシック ランキング

品川近視クリニック 体験談

時々レーシックで手術を受けた後に感染症になってしまう、というのが話題になることがあります。
それを聞くと、レーシックを受けることが不安になりますよね。

しかし、実際はレーシック施術というのは、
外科や内科の手術と比べてはるかに成功確率の高い手術なんです。

そのような手術は病気になってから受けますが、レーシックは病気とは関係なく、健康でも目が悪くなれば受けます。
日本は近眼大国ですし、受ける人も必然的に多くなります。

それで手術の精度が上がっていて、高い成功確率があるわけです。

とは言っても、「手術」である以上、100%はありませんので、リスクがないわけではありません。
なので、受ける際は自己責任のもと、受けるかどうかを判断しなければいけません。

受けるなら、値段だけで考えるのではなく、最新機器を使っていて、経験豊富な眼科医がいる眼科を選べば、ほぼ問題ないと思います。

なので、一つでも参考にしてもらおうと思い、今回は当サイトのスタッフの体験談を紹介します。
当サイトで紹介している優秀な眼科の一つ、品川近視クリニック です。

口コミ を探している方の参考になれば幸いです。

体験談

まず、 施術を受ける1週間前からコンタクトレンズやアルコールの飲酒は禁止されます。

そして、施術を受ける前に、「事前検診」というものがあります。
事前検診では、視力検査などの目の検査を2時間くらいかけてやります。

それによって、どの施術が最適か?といったような調査をするんですね。
角膜が薄いなど、場合によってはレーシック不適応となる場合もありますからね。
その辺を検査して、プランの確認と説明をしてくれます。

ちなみに 品川近視クリニック は患者が多いです^^;
レーシックを受ける人がこんなにもいるのか?と思うほどです(検診の時見ただけで200人くらい)。
それだけ人気があるってことですね^^

そして日を改めて手術を行います。
その時に再度検査があり、事前検査の時と違いはないか確認されます。
検査が終わると麻酔の目薬をさし、いよいよ手術です。

とは言っても、実際の手術はあっさりしていて、30~40秒で終了します^^;

角膜を薄く切ったりなど、痛そうなイメージはありますが、麻酔をしていることもあり、全く痛くありません

そして、手術後はサングラスを2日間使用しなければならないらしく、クリニック側から提供されます。
そして、鎮痛薬も処方されるんですね。

この鎮痛薬は何か?というと、手術後1時間ほどした頃から、目が乾くように感じ、痛みを感じ始めるんです。
しかし、この鎮痛薬をさせばすぐに治まります。

手術当日は「痛みを感じ、鎮痛薬をさす」というのを繰り返すことになると思いますが、その日中に痛みは治まってきます。

手術当日は、視力が回復したような感じがするものの違和感があるのですが、翌日の朝起きた時にはビックリするほどよく見えるようになっていました!

その辺は人によっても違うようで、当日からよく見える人もいるようですね。

手術翌日には検診があります。
事前検診と同じような検査を行った後、1ヶ月後の検診予約をして終了です。
ちなみに検査では2.0でしたよ^^

手術をして半年ほど経っていますが、感染症のような弊害もなく、快適に過ごしています^^


いかがですか?
ちなみに品川近視クリニックは、日本眼科学会から眼科専門医として認定をうけており、さらにクリーンルームという感染症対策を施した特殊な設備で施術を行うので、開院以来、感染症はゼロなんだそうです。
さすがですね^^

手術が不安になっている方も、まずは 品川近視クリニック のような優秀な眼科で相談してみることをオススメします。

↓品川近視クリニックの詳細はこちらをクリック↓
視力回復!各種キャンペーンを実施中!<品川近視クリニック>
レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ