レーシック ランキング

フェルトLDV とは?

品川近視クリニック が、新しい施術方法、品川プレミアムZレーシックを始めました。

そのためにフラップ作成する機材を新しく導入しています。
それが、FEMTO LDV(通称ダヴィンチ/Ziemer社製)というものです。

現在のフラップ作成方法は、イントラレースFS60のイントラレーザーを使ったものが主流ですが、FEMTO LDVはさらに高レベルのフラップが作成できるようになっています。

つまり、品川プレミアムZレーシック は、フラップ作成方法を、従来のイントラレーシックに対してより洗練させた施術ということですね^^

レーシックで起こる問題のほとんどはフラップの出来によって起こるので、フラップ作成技術が進化するということは、より質のよい視力が得られやすくなるということでしょうね^^

では、FEMTO LDVにどのような特徴があるのか見てみましょう。

フェムトLDVの特徴

レーザーのエネルギー量

Z-LASIK
※画像:品川近視クリニックより

フェムトセカンドレーザーは、イントラレースレーザーに比べて低いエネルギー量で行います。

そのエネルギー量は、イントラレースレーザーが5000nJ(ナノジュール)であるのに対し、フェムトセカンドレーザーは100nJです。

エネルギー量が小さいのがなぜよいのか?というと、イントラレースレーザーのエネルギー量では、角膜切開面の溶融や周囲組織への侵襲が起こるという欠点があったのです。

術後に眩しさを感じたりするのは、そのようなことが原因なんですね。
それに対してフェムトセカンドレーザーのエネルギー量では、溶融や侵襲は起こりにくいレベルで施術が可能になっています。

つまり、

  • 角膜切開面がキレイに仕上がる
  • 術後の炎症が少ない

ということが言えます。

均一なフラップ厚を実現

フェムトセカンドレーザーは、イントラレースレーザーと比べて厚みのばらつきが少ないんです。
厚みが均一であるということは、より質の高い術後視力結果が得られるということになります。

施術時間の短縮

実はイントラレーシックでは、フラップを作成後、別室に移動してエキシマレーザー照射をするという手順を踏んでいました。

しかし、この機種ならエキシマレーザーの脇に設置する事が可能で、フラップを作成した後、ベットや部屋を移動することなくエキシマレーザー照射をすることができます。

このことにより、施術時間が短縮し、眼への負担を軽減することができるようになっています。

トップビューカメラが付いている

従来は、レーザー照射前にカメラでフラップの位置を確認してレーザー照射を行うことが出来ませんでしたが、この機種からトップビューカメラを搭載されたので、医師がより正確かつ安全に施術が行えるようになっています。


以上、品川プレミアムZレーシック で使われるFEMTO LDVの特徴を挙げてみました。

フラップの作成がよりきれいになるということは、同じ視力でもより質の良い視力を得ることができるということです。

視力回復
レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ