レーシック ランキング

イントラレーザー とは?

イントラレーザーとは、イントラレーシックをする場合に使う医療機器のことです。

一般に、レーシックというのは、角膜を削ることで視力を矯正する施術なのですが、角膜を削る前に、フラップと呼ばれるフタを作る必要があります。
その役割をするのがイントラレーザーです。

イントラレーザーを用いることで、従来のレーシックでのフラップ作成方法が進化しています。


今までのレーシックでは、マイクロケラトームと呼ばれる医療機器を使っていました。

今まで、フラップの良し悪しで術後の視力の良し悪しが決まると言われていましたが、執刀医が金属ブレードを動かして切り込むマイクロケラトームでは、まさに執刀医の腕にフラップの出来がかかっていたんです。

しかし、イントラレーザーはコンピュータープログラムによるものなので、執刀医の腕に左右されることがなくなってきました。
これにより、フラップのずれによる合併症のリスクや、感染症のリスクが大幅に改善されています。

しかも、マイクロケラトームよりも薄いフラップが作成されるので、今まで適応検査で角膜が薄いために不適切とされた方も、施術を受けられるチャンスが広がっています。

ちなみに、イントラレーザーは、アメリカのイントラレース社が作ったもので、イントラレース社のレーザーを使ったレーシックを、”イントラレーシック”と呼ばれています。

レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ