レーシック ランキング

アイレーシックを超えた?完全オーダーメイドの RSレーシック

東京近視クリニックでは、RSレーシックというレーシックの手術を選ぶことができます。

手術の流れは通常のレーシックと同じですが、違いは使用するレーザー機器にあります。

これによって今までのレーシックと比べて目への負担が大幅に軽減され、近視や乱視の矯正精度が大幅に向上、見え方の質が期待できます。

さらに、今までになかった完全オーダーメイドができるようになっています。
これはすごいことですね^^

手術時の眼への負担が軽減

RSレーシックでは右のような機器を使います。

  • フェムトセカンドレーザーFS200(2011年製)
  • エキシマレーザーEX500(2011年製)

ドイツのレーザー機器メーカー、ウェーブライト社の最新機器です^^

フェムトセカンドレーザーFS200 はフラップを作成、エキシマレーザーEX500 は屈折矯正を行います。

今までのレーザー機器との性能差(速度)の違い

まずは、今までのレーシックで使っていたレーザー機器との性能差に違いがあります。

イントラレーシックを行う場合、フラップ作成にイントラレース社のイントラレーザーを使います。
最新版はイントラレースiFSで、2008年製。

また、2006年の旧式レーザー、イントラレースFS60を使っているところもまだあります。

レーシックの手術では、手術時間のわずか1秒の差が重要です。
フラップを作成して屈折矯正、そしてフラップを閉じるまでの時間が短いほど眼への負担が軽減されるんです。

イントラレースを使った手術は素晴らしく早く、最新のイントラレースiFSを使ったフラップの作成は8秒でできてしまいます。
しかしRSレーシックで使うフェムトセカンドレーザーはそれを上回り、6秒で行います。

たった1秒が大きくなる世界で、2秒も縮めることは大きいですね。

2011年11月現在、世界最速です。

また、アイレーシックと比べても、フラップ作成時の吸引圧が低いので、網膜へのダメージを最小限に抑えるとともに、術後の眼の充血を抑えます。

2つのレーザー機器の合体で時間軽減

通常、レーシックのレーザー機器は、フラップ作成用と屈折矯正用の2つがあって、最初にフラップを作成し、その後屈折矯正を行います。
なので、フラップ作成が終わったらエキシマレーザーを置いている部屋に移動して屈折矯正照射を行います。

しかし、RSレーシックで使用するレーザー機器は、フラップ作成機器と屈折矯正機器が一体となっています。
そのため、手術時間が大幅短縮されます。

眼への負担が軽減され、安全性がまた高まったわけです。

そもそもなぜ手術時間の短縮で安全性が高まるのか?というと、フラップを開いている状態というのは、目にとっては不安定な状態で、開いている状態が長いと、それに伴って感染症のリスクが高まるからです。

手術はクリーンルームで行われるのが普通ですが、それでも開いている状態は短いにこしたことはありません。

今までレーシック機器メーカーの間ではどれだけ早くフラップを閉じれるか?というのに秒単位の速度が争われてきたんです。

それが、性能面だけでなく、フラップ作成機器とエキシマレーザーを一体にすることでも手術時間が短くなったわけです。

近視や乱視の矯正精度が大幅に向上


(東京近視クリニックより)

上の比較表は、アイレーシックで使う機器との性能を比較したものです。

ここで注目したいのは、一番右のアイトラッキングの性能。
アイレーシックと比べて格段に上がっています。

“アイトラッキング”というのは、目のわずかな動きを追いかけて、補正する技術です。

そもそも”目”は、人が見てもわからないほど小刻みに動いています。
意識して止めることはできないんです。

そのような目の動きを追いかける精度が上がるということは、矯正精度が上がることを意味します。

アイレーシック以上の見え方の質も期待できそうですね^^

また、エキシマレーザーの照射径もアイレーシックと比べて大きいので、夜間のハロ・グレア症状をより抑えられるようになっています。

完全オーダーメイドできる

アイレーシックでは、屈折矯正のレーザー照射プログラムがカスタマイズできる(同じ視力でも見え方の質が向上する)のが売りでした。
それに対してRSレーシックは、屈折矯正はもちろん、フラップの作成も目の状態に合わせてオーダーメイドできるんです。

現在、フラップの作成から照射プログラムまで、完全カスタマイズ・オーダーメイドがができるのは、現状RSレーシックだけです。

フラップは円形に作成するのが通常のやり方です。
フラップ作成をカスタマイズする場合は、例えば、乱視が強い方には”オーバルフラップ”という楕円形のフラップを作成します。
それによって、通常の円形のフラップではカバーしきれない範囲にレーザー照射ができるので、乱視の矯正精度があがります。
また、術後のドライアイの悪化も抑えられます。

オーバルフラップの作成に変えるための追加費用はかかりません。

また、屈折矯正をカスタマイズするには、事前の検査時にバリオという精密検査機器を使います。

右の写真がバリオです。

眼の解析データを得ることができる検査機器なのですが、こちらと組み合わせれば、照射制度を向上させることができます。

(バリオの使用は追加料金(3万円)がかかります。)


RSレーシックを本格導入しているのは2011年11月現在、東京近視クリニックしかありませんが、完全オーダーメイドができますので、今後は導入するクリニックが増えてくると思います。

今後主流になりそうな手術法ではないでしょうか?^^

東京近視クリニックは、東京の新宿、銀座、そして横浜、大阪の梅田にあります。

2013年8月31日追記:東京近視クリニックは、平成25年9月20日(金)で閉院するようです。
術後の患者は品川近視クリニックで診療を引き継ぐそうですが、RSレーシックも扱うかどうかはわかりません。

レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ