レーシック ランキング

老眼治療の最先端 アキュフォーカスとは?

老眼は目の老化現象です。
目の中には、水晶体というレンズのような役割をしているものがあり、
それが厚みを変えることでピントを調節しています。

しかし目が老化すると水晶体が固くなってしまい、
下の図のように調節がうまくいかなくなってしまいます。
それが老眼です。

老眼は近視の人はなりにくいという都市伝説がありますが、それは全くのウソで、近視の人でも老眼になります。
誰にでも訪れるものです。
近視の人は近くのモノが見えやすいため、老眼に気付くのが遅れるだけのことなんですね。

現在、老眼を完全に元に戻すような治療はありませんが、矯正する方法はあります。
老眼治療というのは、矯正する方法なんです。

眼科治療は年々進歩していますが、今最先端の老眼治療は
アキュフォーカスというものです。


アキュフォーカスは、アキュフォーカス社が開発したリング、カムラインレーを使います。
老視眼の治療としてヨーロッパのCEマークを取得しているリングです。

アキュフォーカスリング

上の図は、ハードコンタクトレンズと大きさを比較したものです。

直径3.8ミリ、中央の穴1.6ミリ、薄さ5マイクロの、樹脂でできた薄いリング状のシートになっていて、これを角膜の中に埋め込みます。
(1マイクロは1ミリの1000分の1)

カムラインレーの大きさはコンタクトレンズよりも小さく、瞳孔と同じくらいの大きさです。
これを瞳孔部分に入れて、ピンホール効果で焦点深度を深くし、近くのものを見えやすくします。
つまり、リングで光の量を少なく調節し、以下の図のようにピントが合うようになるわけです。

このような流れですが、角膜の中に埋め込むためにフラップを作るので、
レーシックも同時に行えるわけですね。

ちなみに、品川近視クリニックでは、「リーディングアイ」という名前でこの術式を扱っています。
参考:老眼にも対応可能なリーディングアイ

老眼は40代から始まると言われていますが、最近は30代の方も症状が出る方がいるようです。
しかし、老眼鏡はできれば使いたくないという方は多いです。
でも、視力は取り戻したいという方は、リーディングアイを受けると良いかもしれません。

老眼治療
レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ