レーシック ランキング

最先端老眼治療、スープラコア と アキュフォーカス の違い

2011年にEU加盟国で安全基準を認可された証である「CEマーク」を取得した、老眼治療の最先端技術、SUPRACOR(スープラコア)というレーザー治療法があります。

一方、日本の老眼治療は、アメリカ生まれのアキュフォーカスが2010年に初導入され、それが主流になっています。
当時、最先端の老眼治療として話題になったばかりですが、また新しい選択肢が増えたわけです。

スープラコアとアキュフォーカスは、どちらかが上位の技術、というわけではありません。
別々の国の会社が開発した全く異なる技術ですので、老眼治療を行うなら比較検討する価値があります。

どのような違いがあるのか、比較してみました。

技術的な違い

【アキュフォーカス】

“老眼”というのは、眼の中の水晶体が年齢で弾力性が失われたことで調節機能が低下、近くのものが見えにくくなるという現象のことです。

アキュフォーカスは、“ピンホール効果”という現象を利用して、遠くの見え方をあまり下げることなく、近くの見え方を改善する技術です。

「ピンホール効果」というのは、小さな穴から覗くとメガネやレンズがなくても遠くのものが良く見えるという効果のことです。

小さな穴から覗くと目に入ってくる光の量が調節されるのですが、光の量を調節すると、水晶体の調節機能を使わずに焦点を合わすことができるので、老眼の場合は近くが見えやすくなるのです。

手術では、具体的には“カムラインレー”というリング状のものを角膜の中に埋め込みます。
それによって光の量を調整することができるようになります。

カムラインレー

カムラインレーはコンタクトレンズよりも小さくてはるかに薄い(5ミクロン)、100分の5ミリの薄さで、異物感はありません。
手術は片目のみ行います。

品川近視クリニックでは、そんなアキュフォーカスとレーシックを組み合わせた手術、「レーシックカムラ」を行っています。
これによって、老眼・近視・遠視・乱視を同時に治療する事ができるようになっています。

レーシックが必要ない場合は片目のカムラインレーの挿入のみですが、レーシックが必要な場合はレーシックだけ両眼行います。

【スープラコア】

スープラコアは、レーシックと同じようにレーザーを照射して角膜の形状を変化させる技術です。
レーザー機器もレーシックと同じようにエキシマレーザーを使います。

老眼対策として遠近両用のコンタクトレンズがありますが、スープラコアではレーザーで角膜を遠近両用のコンタクトレンズのような形状に変化させます。
以前レーシック手術を受けた方や、白内障手術を受けた方も受けられる可能性があります。

近年まではレーザーで角膜を調整しての老眼治療は技術的にできませんでしたが、スープラコアの登場によってそれが可能になりました。
もちろんこちらもエキシマレーザーを使うので、老眼・近視・遠視・乱視を同時に治療する事ができます。

現在スープラコア治療法が可能なのは、TECHNOLAS 217Pというエキシマレーザーのみです。
(日本では錦糸眼科が TECHNOLAS 217P が導入されていましたが、残念ながら閉院してしまいました。)

手術は両目?片目?

先ほども少し触れていますが、アキュフォーカスで施術を行うのは片目のみです。

カムラインレーを入れた眼は小さな穴を通してみることになり、老眼の場合、近くのものが見えるようになります。

そのかわり、カムラインレーを入れていないもう一方の眼と比べて、若干暗さを感じます。
(眼には環境適応能力がありますので次第に慣れてきます)

治療しない眼の方は何も施さないので、これまで通りの見え方です。

「両眼に入れた方が良いのでは?」

と思うかもしれませんが、この技術ではピンホール効果を利用しているので、両眼に入れると明度や遠近感覚で不都合が生じます。

見え方の総合的な調整を考えると、片目だけに施す方が良いのです。
(実際にアメリカで両目に入れた例がありましたが、片目だけの方の良さを実感し、その後片方は外したそうです)

ちなみに、3D映像もきちんと見れるようです^^

一方、スープラコアの場合は両眼とも施術を行いますので、両眼とも近くの物も遠くの物も見えるようにします。

両眼とも同じように施すと安心感がありますし、なにより夜間ドライバーなどのような主に暗いところで仕事をする人はスープラコアの方が良いでしょう。

症例数の多さから安心度・信頼度を考える

EU加盟国で安全の基準を満たした商品には、それを証明するマーク「CEマーク」が付与されます。
一部の指定された製品がEU地域で販売される場合、CEマークの貼付が義務づけられています。
レーシックのレーザー機器も指定されていて、これがないとEU加盟国では商用利用ができないのです。

アキュフォーカスで使うカムラインレーは2005年11月に取得しています。
そしてその後の2010年12月、日本に本格導入されました。

ヨーロッパではその間の年数があるので症例数もそれなりにありそうですが、実は症例数が多いのは日本なんです。
いかに日本人が眼に悩みをかかえているかがわかりますね^^

品川近視クリニックで行われている、アキュフォーカスを使った治療「レーシックカムラ」は、2011年6月までに症例数3,000件越えし、世界一の症例数になっています。

品川近視クリニックで施術を受ける人は、それくらい多いんですね^^
(ちなみに小柳ルミ子さんも、品川近視クリニックでレーシックカムラを受けています)

さらに6月に入ってからは400件も行っており、申込数が急激に増えているようです。

一方、スープラコアは2011年5月にCEマークを取得しています。
CEマークを取得後、日本では錦糸眼科が2011年6月から早くも導入しましたが、閉院してしまったので現状は受けられるところがなくなってしまった状態です。)

症例数が多いということは、その技術の安全度・信頼度が増していくということですので、現在のところはアキュフォーカスの方が数字上の安全度・信頼度は高いのかもしれません。

しかしだからといってスープラコアよりもアキュフォーカスの方が良いとは限りません。
スープラコアは、両眼に施すので、両眼とも近くも遠くも見えるようになる技術です。

そういった安心感から今後は日本でもスープラコアが導入され、その希望者が多くなる可能性があります。

症例数が増えていけば逆転するかもしれませんが、現状はアキュフォーカスが日本の老眼治療の最先端となっています。

老眼治療
レーシック ランキング

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ